「長崎千夜一夜」西日本新聞に紹介されました。11月26日長崎県版!!

         


「長崎千夜一夜」松尾順造「時の港」写真集1 の紹介が「西日本新聞の長崎版11月26日」に掲載されました。
取材してくださってありがとうございます。
皆様、よろしくお願いします。




長崎新聞11月15日 12p長崎近郊ページに「長崎千夜一夜」が紹介されました。

 

長崎新聞11月15日の長崎近郊版の紙面に、「長崎千夜一夜」が紹介されました。
11月13日に長崎市役所の記者室で「長崎千夜一夜」出版の記者発表をしました。
長崎新聞さん取り上げてくださってありがとうございます。
長崎の魅力をこれからも撮影していきたいと思っています。




「岡野ペコロス雄一」氏「定年時代」に登場!首都圏で125万部の新聞!!

 

 


首都圏を中心に、朝日新聞に月2回折り込まれる「定年時代」に「岡野ペコロス雄一」さんが登場しました。なんと100万部です!!映画「ペコロスの母に会いに行く」公開直前の快挙です。大ヒット間違いなしですね。赤木春恵さんに続き「徹子の部屋」出演も間近なのではないでしょうか。期待します。
「定年時代」の沼田記者は先月、長崎に岡野さんのインタビューにこられ、岡野さんのアトリエで取材されました。jar氏も同席。撮影をしました。
そのあと、岡野さんは「週間朝日」に連載中の「ペコロスの母の玉手箱」の原稿を書き上げ、沼田記者とjar氏宅へ。そしてポプリさんのピアノ伴奏が美しい「迷子の夏」などたっぷりと、ワンマンショーを・・・。
なんと贅沢な!!ペコロスさんありがとーーーーう!







松尾順造写真集「長崎千夜一夜」発売中!!!

 

香港、モナコとならぶ世界新三大夜景
港町円形劇場の特等席へご招待!

松尾順造写真集「長崎千夜一夜」が長崎文献社より近日発売されることになりました。
まもなく、長崎の主要本屋さんの店頭に並びますので、手にとってご覧くだされば幸いです。長崎県美術館、長崎歴史文化博物館にも。¥1200+税

松尾順造「時の港」写真集1 とタイトルにありますように、これからシリーズとして、次々と発刊される予定ですので、ご期待下さい。

「長崎千夜一夜」は「長崎文献社」のHP http://www.e-bunken.com/ から、ご購入できますので、ご利用くだされば幸いです。


「県民だより 2013Vol.36 4月号」

        

 

「長崎県広報課」発行の「県民だより 2013vol36 4月号」
「キラっと!ながさきびと」第36回にjar氏(写真家・松尾順造さん)が紹介されました。
長崎県の各家庭に配布されます。また県や市・町の役所の窓口にも置かれますので、手にとってごらんください。なんと53万部!!です。







 

 

長崎・聖福禅寺の普茶料理

    

     


 
 
 


黄檗宗の開祖「隠元禅師」の伝えられた中国風の精進料理・普茶料理の紹介の本。
聖福禅寺の歴史・仏像のことも詳しく解説。
禅の心の料理。

「長崎・聖福禅寺の普茶料理」
万寿山聖福禅寺住職 田谷昌弘著
万寿山聖福寺大雄殿修復協力会

2012年6月26日発行 発行所  株式会社長崎新聞社
             制作   株式会社えぬ編集室
             印刷製本 株式会社昭和堂

約一年かけて、季節のお料理と行事、境内を撮影させて頂きました。
田谷御住職は、黄檗宗の大本山萬福寺の「典座」(厨房)の長を務められた方です。

現在、聖福禅寺は、創建当時のままで老朽化で傷みが激しく、修復が急がれる。
この本の収益は、修復費用に充てられるので、皆さんぜひご協力ください。
長崎市内の書店で販売しています。聖福寺にもあります。

万寿山聖福寺大雄宝殿修復協力会 095−822−4605 
で取り扱っています。
よろしくおねがいいたします。








 

お正月気分

                     

おせち料理の撮影をしました。
もう、お正月きぶんです。
今日は写真を見ながら、一杯やります。



長崎新聞広告賞 最優秀賞受賞!

     
   広告賞

第20回長崎新聞広告賞の授賞式が11月17日(水)に長崎新聞文化ホール「アストピア」でおこなわれた。jar 氏が撮影を担当した作品が、代理店企画部門で最優秀賞を受賞!
プランナー/サーファーY倉氏・多聞氏、アートディレクター/サーファーY倉氏。
コピーライター/みどり氏。フォトグラファー/jar氏。

広告賞

広告賞 広告賞
授賞式後に記念撮影           審査委員長の原研哉氏と

長崎のペーロンをとおして、伝統や文化を伝えて行く大切さを、「掬」(むすぶ)という漢字であらわしたものです。すくう、むすぶ。両手でくみあげる。くみとる。心情を察する。というような意味があります。大切なものを、くみとり、そして手渡してゆく。
ペーロン船に命を吹き込み、大海原を躍動させるのは人。人の想いが動かして行くのです。

広告賞


深堀のペーロン関係者の方々をはじめ、取材協力してくださった数多くの方々、
制作にたずさわってくださった方々、すべてのかたに感謝します。
撮影させて頂きありがとうございました。





ながさきジーン!第6号発売中

      ジーン

ジーン

人、まちを元気にする、長崎応援マガジン
「ながさきジーン!第6号」が11月1日から、長崎市内の主要書店で、発売中です。
jar氏が表紙写真を始め、特集ページ等の写真撮影を担当しています。
長崎の最高の祭り、「くんち」が大特集されています。永久保存版です。
一度手に取ってご覧くだされば幸いです。





キトラス

     キトラス

長崎市・佐世保市・雲仙市の三市が共同で福岡博多にアンテナショップを開店します。
これはそのポスターです。撮影jar氏。
「キトラス」という名のお店です。
博多川端商店街入口博多座前という一等地に10月2日にオープン!!!

長崎の新鮮な食材とおいしい料理を福岡の人に知って頂こうと、企画されました。
お近くまでいらした方は、お寄りになってください。

ごんあじ・佐世保バーガー・愛野のジャガイモ
おいしいです。







calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM