スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


松尾順造写真集「長崎千夜一夜」発売中!!!

 

香港、モナコとならぶ世界新三大夜景
港町円形劇場の特等席へご招待!

松尾順造写真集「長崎千夜一夜」が長崎文献社より近日発売されることになりました。
まもなく、長崎の主要本屋さんの店頭に並びますので、手にとってご覧くだされば幸いです。長崎県美術館、長崎歴史文化博物館にも。¥1200+税

松尾順造「時の港」写真集1 とタイトルにありますように、これからシリーズとして、次々と発刊される予定ですので、ご期待下さい。

「長崎千夜一夜」は「長崎文献社」のHP http://www.e-bunken.com/ から、ご購入できますので、ご利用くだされば幸いです。


「県民だより 2013Vol.36 4月号」

        

 

「長崎県広報課」発行の「県民だより 2013vol36 4月号」
「キラっと!ながさきびと」第36回にjar氏(写真家・松尾順造さん)が紹介されました。
長崎県の各家庭に配布されます。また県や市・町の役所の窓口にも置かれますので、手にとってごらんください。なんと53万部!!です。







 

 

長崎・聖福禅寺の普茶料理

    

     


 
 
 


黄檗宗の開祖「隠元禅師」の伝えられた中国風の精進料理・普茶料理の紹介の本。
聖福禅寺の歴史・仏像のことも詳しく解説。
禅の心の料理。

「長崎・聖福禅寺の普茶料理」
万寿山聖福禅寺住職 田谷昌弘著
万寿山聖福寺大雄殿修復協力会

2012年6月26日発行 発行所  株式会社長崎新聞社
             制作   株式会社えぬ編集室
             印刷製本 株式会社昭和堂

約一年かけて、季節のお料理と行事、境内を撮影させて頂きました。
田谷御住職は、黄檗宗の大本山萬福寺の「典座」(厨房)の長を務められた方です。

現在、聖福禅寺は、創建当時のままで老朽化で傷みが激しく、修復が急がれる。
この本の収益は、修復費用に充てられるので、皆さんぜひご協力ください。
長崎市内の書店で販売しています。聖福寺にもあります。

万寿山聖福寺大雄宝殿修復協力会 095−822−4605 
で取り扱っています。
よろしくおねがいいたします。








 

お正月気分

                     

おせち料理の撮影をしました。
もう、お正月きぶんです。
今日は写真を見ながら、一杯やります。



長崎新聞広告賞 最優秀賞受賞!

     
   広告賞

第20回長崎新聞広告賞の授賞式が11月17日(水)に長崎新聞文化ホール「アストピア」でおこなわれた。jar 氏が撮影を担当した作品が、代理店企画部門で最優秀賞を受賞!
プランナー/サーファーY倉氏・多聞氏、アートディレクター/サーファーY倉氏。
コピーライター/みどり氏。フォトグラファー/jar氏。

広告賞

広告賞 広告賞
授賞式後に記念撮影           審査委員長の原研哉氏と

長崎のペーロンをとおして、伝統や文化を伝えて行く大切さを、「掬」(むすぶ)という漢字であらわしたものです。すくう、むすぶ。両手でくみあげる。くみとる。心情を察する。というような意味があります。大切なものを、くみとり、そして手渡してゆく。
ペーロン船に命を吹き込み、大海原を躍動させるのは人。人の想いが動かして行くのです。

広告賞


深堀のペーロン関係者の方々をはじめ、取材協力してくださった数多くの方々、
制作にたずさわってくださった方々、すべてのかたに感謝します。
撮影させて頂きありがとうございました。





ながさきジーン!第6号発売中

      ジーン

ジーン

人、まちを元気にする、長崎応援マガジン
「ながさきジーン!第6号」が11月1日から、長崎市内の主要書店で、発売中です。
jar氏が表紙写真を始め、特集ページ等の写真撮影を担当しています。
長崎の最高の祭り、「くんち」が大特集されています。永久保存版です。
一度手に取ってご覧くだされば幸いです。





キトラス

     キトラス

長崎市・佐世保市・雲仙市の三市が共同で福岡博多にアンテナショップを開店します。
これはそのポスターです。撮影jar氏。
「キトラス」という名のお店です。
博多川端商店街入口博多座前という一等地に10月2日にオープン!!!

長崎の新鮮な食材とおいしい料理を福岡の人に知って頂こうと、企画されました。
お近くまでいらした方は、お寄りになってください。

ごんあじ・佐世保バーガー・愛野のジャガイモ
おいしいです。







長崎新聞6月30日(水)14面「掬ぶ」

 掬ぶ

今日の長崎新聞の朝刊14面の全面広告「掬ぶ」(むすぶ)。
2010年の「長崎ペーロン選手権大会」と「海フェスタながさき」応援キャンペーンなのですが、私jarが撮影を担当させていただきました。文は「長崎迷宮旅暦」のみどり氏、デザインはほとんどサーファーのヤグラ氏。長崎の文化を世代を超えて、手渡して行く大切さを、「ペーロン大会」を通して表現しようとしたものです。ペーロン大会は長崎市でも最も歴史のある、深堀地区のご協力を得て撮影させて頂きました。ありがとうございました。

みどり氏とヤグラ氏。いつも素敵な琴玉(言霊)の文章と、素敵なデザイン(生き生きとした)をありがとうございます。


「杉永かまぼこ」の「かんぼこの握り寿司」も楽しかったです。
文みどり氏・デザインヤグラ氏・撮影jar氏
すしの握りはこれまたサーファーの炎の料理人アンドウ氏。
杉永かまぼこ





「外海のキリシタンとド・ロ神父」発刊さる 撮影松尾順造

     ド・ロ本1

ド・ロ本2

ド・ロ本3

ド・ロ本4

ド・ロ本5

ド・ロ本6

ド・ロ本7

ド・ロ本8

ド・ロ本9

ド・ロ本10

ド・ロ本11

    ド・ロ本12

発行 長崎巡礼協議会  2010年3月20日
制作・企画・編集  オフィスノンブル・河村規子
デザイン      Y.S.Studio・重宮義之
撮影        松尾順造

長崎に移住して来て10年。ライフワークとして取り組んで来た、「長崎の切支丹」の一つの形が実りました。いつも励ましてくださったオフィスノンブルの河村さん、最高のデザインをしてくださったY.S.Studioの重宮さん、ありがとうございました。(もう、10年来のおつきあいになりました)そして、長崎巡礼協議会の方々、外海の方々に感謝いたします。


A4サイズ58ページの小冊子ですが、内容は濃いです。
長崎のキリシタンの古里といっても良い外海のことが、まるごと解ります。
この本は外海のガイド本にもなっていますので、ご利用いただければ幸いです。

がしかし、非売品なのです。ド・ロ神父記念館に見本が置いてあるそうです。
長崎巡礼センター、長崎巡礼協議会等にもしかしたら、置いてあるのかもしれません。
私も欲しいのです。発売希望の声がかなり寄せられているそうです。







 

[感動ストーリーズ]5 思いやる心 

瀬戸上健二郎1

瀬戸上健二郎2 瀬戸上健二郎4

2009年2月17日 発行
(株)学習研究社の図書館企画本『感動ストーリーズ』全10冊
その中の 「5 思いやる心」の表紙および、Dr.コトー瀬戸上健二郎氏の写真を撮影させて頂きました。図書館におかれるシリーズなので、一般書店には並びません。
図書館で御覧になって頂けたら、幸いです。

日刊jarラボの、カテゴリー「書籍・刊行物」の9月27日付けのページに、
Dr.コトーを取材した時の事が出ています。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM