<< 雲仙市小浜の海の夜景・星空を温泉につかりながら見る。 | main | 朝の散歩 >>

長崎・聖福禅寺の普茶料理

    

     


 
 
 


黄檗宗の開祖「隠元禅師」の伝えられた中国風の精進料理・普茶料理の紹介の本。
聖福禅寺の歴史・仏像のことも詳しく解説。
禅の心の料理。

「長崎・聖福禅寺の普茶料理」
万寿山聖福禅寺住職 田谷昌弘著
万寿山聖福寺大雄殿修復協力会

2012年6月26日発行 発行所  株式会社長崎新聞社
             制作   株式会社えぬ編集室
             印刷製本 株式会社昭和堂

約一年かけて、季節のお料理と行事、境内を撮影させて頂きました。
田谷御住職は、黄檗宗の大本山萬福寺の「典座」(厨房)の長を務められた方です。

現在、聖福禅寺は、創建当時のままで老朽化で傷みが激しく、修復が急がれる。
この本の収益は、修復費用に充てられるので、皆さんぜひご協力ください。
長崎市内の書店で販売しています。聖福寺にもあります。

万寿山聖福寺大雄宝殿修復協力会 095−822−4605 
で取り扱っています。
よろしくおねがいいたします。








 

スポンサーサイト

  • 2019.10.10 Thursday
  • -
  • 18:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お家芸のjarブラックな画ですね。
参りました。
  • thom
  • 2012/07/31 8:07 PM
綺麗な写真ですね〜。食べる物を透明感ある写真撮るのはかなり難しいのではと思ってしまいます。命を吹き込まれたように輝いてます。さすがプロのお写真ですね?
  • ゆみっちママ
  • 2012/07/31 9:39 PM
料理するということは、新しい命を吹き込むということなのですね。
  • jar
  • 2012/08/01 9:06 AM
そう言えば、聖福時さんへの協力を、興福寺さんもおっしゃってました!
すっかり忘れておった。買わねば。
ところで、・・・jarさん、もちろん、この
もどき料理の数々を、食べたでしょっ!!!
いつか人数を集って、普茶料理三昧したいです〜。
  • まのじ
  • 2012/08/01 10:15 AM
す・す・するどいご指摘!!!
身も心も洗われる精進の至福の時をすごさせていただきました。合掌
いつか普茶三昧しましょうね!
まのじ姫の尼僧姿も・・・・
  • jar
  • 2012/08/01 11:15 PM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM