<< Merry Xmas & Happy New Year | main | 国道206号線のジョーズ >>

スポンサーサイト

  • 2019.10.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


椿の十字架の里

 樫山
長崎市樫山海岸

昔は三重村樫山郷と言い、大村領と佐賀鍋島藩領が入り込んでいる土地で、
寛永九年(1633)のキリシタン迫害の頃、最も多くの殉教者が出た村であった。
かくれキリシタンと称されている人たちは佐賀領の人たちであった。
ここには、バスチャンの椿があり、赤岳というキリシタンの聖地がある。

バスチャンという日本人の信仰者が、この樫山の椿の木の幹に指先で十字架をしるすと、くっきりと十字架が現れたという伝説の木があった。
バスチャンは日繰りをのこした。これは1634年の教会暦であった。
また,殉教する前に
「七代までは面倒を見るが、そのあとはコンへソーロ(聴罪司祭)が
大きな黒船に乗ってくると,毎週でも告白を出来る。何処でもキリシタンの歌を歌って歩けるようになる」ということを,予言したと,伝えられている。

樫山
樫山の町並み

      樫山
      樫山カソリック教会

樫山

樫山

樫山

樫山







スポンサーサイト

  • 2019.10.10 Thursday
  • -
  • 01:15
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
写真と文章が紡ぎだす重厚な趣がすばらしいです。
不思議な感じの加工(?)ですねー
  • こころ
  • 2011/01/22 7:21 AM
おわかりになりましたか。いつもはストレートな写真なのですが、たまにいろいろ実験してみたくなります。今回はちょっと写真の周囲をぼかしてみました。泉鏡花の高野聖のような、不思議な世界に誘われるような感じがしませんか?
  • jar
  • 2011/01/23 11:40 PM
テクニカルなことは全くの門外漢なので感覚で見せていただいてます。異界への入口が目の前に開かれているような…。高野聖は未読ですが読んでみたくなりました。
  • こころ
  • 2011/01/25 10:10 PM
青く茂った草むらの山道を歩いているうちに、いつしか異界に入ってしまう。というお話だったと記憶しているのですが・・・。私も再読しないといけませんね。
  • jar
  • 2011/01/26 1:43 AM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM