スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


長崎の意匠「龍」

 

孔子様をお守りしている武具のひとつ。「龍斧」とでもいうのでしょうか。
龍は九人兄弟で、男龍七人女龍二人(頭と数えるのでしょうか)と孔子廟の方が教えてくださいました。龍の赤ちゃんの姿も孔子廟にはあります。
最初は誰も龍の赤ちゃんの姿だとは思わないでしょう。
興味のある方は探してみてください。





食っちまうぞ・・

 

長崎市元船町のとある路地裏
一頭の年老いた龍がまどろんでいた

「うるさいやつだなあ 食っちまうぞ〜」








龍を数える「諏訪小の青龍白龍」

 諏訪小の青龍白龍

長崎市の諏訪小学校の体育館にこども達が作ったような、しかし立派な青龍と白龍と子龍がいた。ここには、ほんものの諏訪町の龍が棲んでいらっしゃるのだが。
運動会や何かの行事のときに、小学生達が龍踊をするのだろうか。
段ボール製とは思えない迫力。

諏訪小の青龍白龍
でも、おとうさん龍の髪の毛は、ちょっと横分け。





龍都長崎

籠町の龍

長崎に、龍はどれくらい棲んでいるのだろう?
くんちの龍は、それぞれの町に。中華街にも、ホテルにも、幼稚園にも。
街路灯にも巻き付いているし、孔子廟の屋根には龍がいっぱいいる。
長崎に住み始めて、いろいろなところで龍に出会うので、気にはなっていたのだが、
何頭いるのか、数えてみようと最近思い始めた。
一番目は、籠町の青龍がふさわしいのでは。
個人的なプロジェクトの始まり。
100頭、300頭、500頭、1000頭、5000頭?
10000頭??

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM